どういう用途で学ぶのか

女の人

英会話を上達させたいなら、自分に合った勉強方法と教材が重要です。英語教材の中には大変難解なものもあるので、日本人がすぐに理解する事は困難です。なので、まずは中学生レベルの英語教材から使用して、最初から最後まで継続して行う事が重要です。英語の簡単な基礎力は欠かせませんし、これを身に付けないと次に進めないといっていいでしょう。ある程度基礎能力が上達したら、後に難易度の高い教材へ移行していけばOKです。同じシリーズでより難度がアップしたものがあればそのまま移行すればいいですし、他に自分に適した教材があればそちらに挑戦しても良いです。英会話教材の中にはリスニングCDも入っており、ネイティブの発音が聴けるので学習面でより役に立つことでしょう。

人によって英会話を学ぶ理由は違ってきます。仕事で英会話が必須になるパターンや趣味でじっくり学習していきたいパターンもあります。まず用途を明確にして必要とする能力を学べる選択しなければなりません。英会話教材は2〜3種類でなくもっと多くの数で構成されています。例えば海外の大学入試向けの教材では、語彙の専門性が高いので日常会話を学ぶには適していません。一方で口語のテキストや文法の基礎を身につけられる教材もあります。こちらは日常会話用と言っていいでしょう。語彙が収録されている単語帳にも様々な種類があり、難しいものから基礎レバルのものまんで多く販売されています。英語学習は単語のみや文法のみ学んでいてはでは上達しません。自分のレベルに合った複数の教材を併用する事が大切です。